“ねじる系”ヨガポーズ特集!ねじりのポーズは効果がすごい

“ねじる系”ヨガポーズ特集!胃もたれや冷え性にも効果?ねじりのポーズはすごかった!

ヨガレッスンで、たびたび登場する“ねじる系”ヨガポーズ。

日常生活では、あまり行わない「ねじり」には、たくさんの効果があることはご存知でしょうか?

今回は“ねじる系”ヨガポーズに秘められた効果や、ポーズの注意点、オススメのポーズなどをご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

ヨガの「ねじり」の効果とは?

ヨガの「ねじり」の効果とは?

ヨガには、上体をねじるポーズがたくさんありますよね。

実はこの「ねじり」には、さまざまな効果が期待できるのです。

ここでは、主なねじりの効果についてご紹介します。

冷えの改善

冷えの改善

ねじる系ヨガポーズでは、ウエストから上体をひねり、内臓を刺激することができます。

それによって内臓機能が活性化され、血行を促進。

血液とともに、カラダに熱が運ばれて、冷えの改善につながります。

代謝アップ

代謝アップ

上半身をねじるという動作は、内臓を刺激し、機能を高めてくれます。

内臓の機能が高まることで、効率的にエネルギーが使われるようになり、代謝がアップ。

代謝アップにより、痩せやすいカラダ作りも目指せます。

デトックス

デトックス

ねじる系ヨガポーズを正しく行うと、外側から腸を刺激することが可能です。

腸を刺激すると、毒素や老廃物を排出する機能が高まり、デトックスにつながります。

また、ねじりは血行を促すため、血液やリンパの循環も良くなり、それによってもまた、デトックス効果が期待できます。

老廃物が排出されることで、ぽっこりお腹解消にもつながります。

姿勢改善

姿勢改善

ヨガのねじりは内臓だけではなく、背骨やそのまわりの筋肉も刺激してくれます。

特にデスクワークなどで、座りっぱなしが多い方は、背骨まわりの筋肉が硬くなりがちです。

ねじりのポーズで背骨をストレッチすることで、歪みが取れ、姿勢の改善にもつながります

“ねじる系”ヨガポーズの注意点とは?

“ねじる系”ヨガポーズの注意点とは?

ねじる系のポーズでは、つい、首ばかり動かしてねじろうとしてしまいがちに…。

しかし、無理に首ばかり動かしては、怪我の原因になりかねません。

必ず背筋を伸ばしてからねじるように意識し、背骨全体をスパイラルにするようにイメージしましょう。

吸う息で背筋を伸ばし、吐く息でねじりを深めるのが基本のやり方です。

呼吸とともに、少しずつ丁寧にねじりましょう。

“ねじる系”ヨガポーズに挑戦しよう!ねじるヨガ3選!

“ねじる系”ヨガポーズに挑戦しよう!ねじるヨガ3選!

それでは、ねじる系ヨガポーズを実際に試してみましょう。

寝ポーズ、座位のポーズ、立位のポーズで行う3種のねじりのポーズを、それぞれご紹介します。

ワニのポーズ

ワニのポーズ

「ワニのポーズ」は、仰向けで行うねじりのポーズです。

腰をねじって、お尻や腰まわりの筋肉をストレッチしてくれます。

骨盤矯正、腰痛緩和や便秘改善にも効果的なポーズです。

やり方
  1. 仰向けに寝る。
  2. 右ヒザを曲げ、胸に引き寄せて手で抱える。
  3. 抱えたヒザを、骨盤ごとゴロンと左に倒し、左手を右手のヒザに添える。
  4. 右手は横に伸ばし、目線も右に向ける。
  5. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  6. 終わったら反対側も同じように行う。

重量に身を任せて、余分な力みをなくして行いましょう。

半分の魚の王のポーズ

半分の魚の王のポーズ

「半分の魚の王のポーズ」は、ヨガの代表的なねじりのポーズ。

呼吸とともに行うことで深いねじりが得られ、内臓を刺激して活性化させてくれます。

背筋を伸ばすように意識しながら行いましょう。

やり方
  1. 長座になり、右足を折り曲げ、左足はヒザを立て右足をまたいで、太ももの外側に引っかける。
  2. 息を吸いながら右手を上に伸ばし、吐きながらウエストを左にねじり、右ヒジをまげて、左のヒザに引っかける。
  3. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  4. 終わったら反対側も同じようにやる。

引っかけたヒジとヒザを押し合うことで、より深くねじることが可能です。

ねじったハイランジのポーズ

ねじったハイランジのポーズ

下半身を鍛えられるポーズである「ハイランジ」に、ねじりを加えたポーズです。

立位のヨガポーズは、“ねじり”が加わることで難易度がアップします。

バランス感覚と体幹の両方が必要になり、初心者には難しいポーズでもあります。

やり方
  1. 足をそろえて、まっすぐに立つ。
  2. 右足を大きく前に出し、ヒザを90度に曲げる。
  3. 息を吸いながら両手を上に伸ばし、吐きながら胸の前で合掌する。
  4. もう一度息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながらウエストから右にねじる。左のヒジを右太ももにひっかける。
  5. ポーズをキープし、そのまま3〜5回呼吸する。
  6. 終わったら反対側も同じように行う。

背筋を遠くに伸ばし続けるように、意識してみましょう。

ふらふらしてしまう方は、まずはハイランジで、下半身の安定感が得られてから挑戦しましょう。

“ねじる系”ヨガポーズでカラダすっきり!

“ねじる系”ヨガポーズでカラダすっきり!

血行促進、姿勢改善など、さまざまな効果が期待できる、“ねじる系”ヨガポーズ。

ワニのポーズや、半分の魚の王のポーズは、自宅でも簡単に挑戦できます。

ぜひ、ねじりのポーズのすっきり感を味わってみてくださいね!

ヨガを深めたい方へ【体験レッスン有り】

一人一人の筋肉量や柔軟性によって、ポーズ(アーサナ)の最適な強度やコツが違います。
キャンペーンの機会に、ぜひプロのインストラクターと一緒にヨガを楽しみませんか?

新たな学びやあなたに合ったフィードバックももらえるかもしれません。

  • 講師全員が「RYT200」を所持するプロインストラクター
  • 全30種のレッスンプログラム
  • 身体が硬い人・初めての方も多数いて安心!
  • 複数人でヨガを行う気持ち良さや楽しさを味わおう!

▼YMCのヨガスタジオを詳しくチェック▼
>>入会金¥0!スタート応援キャンペーンの詳細を見る

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報