SPARK用のタグ

寒くなったらヨガ!ヨガで温活する方法

寒くなったらヨガ!ヨガで温活する方法

だんだん寒い季節になってきましたね。

暖房をつけたり、厚着したりする以外にも、カラダを温める方法はたくさんあります。

ヨガはカラダを内側から温めてくれるエクササイズ。

今回はヨガでできる、温活の方法をご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

ヨガが温活に効果的な理由3つ

ヨガが温活に効果的な理由3つ

エクササイズでカラダを動かすと、温かくなって汗をかきますよね。

ゆっくり動くヨガでもカラダは温まるのでしょうか?

ヨガが温活に効果的な理由をご紹介します。

自律神経を整える

自律神経を整える

ヨガは呼吸法やポーズにより、自律神経を整えてくれるものです。

自律神経は、体温の調整という役割もしているため、自律神経を整えるヨガは、温活にも効果的なのです。

基礎代謝を上げる

基礎代謝を上げる

ヨガはインナーマッスルを育ててくれます。

筋肉には、基礎代謝を上げて、カラダを温めてくれる効果があります。

特にインナーマッスルはカラダの深部に位置する筋肉。

鍛えることで内側からカラダを温める効果が期待できます。

血行促進効果

血行促進効果

長時間のデスクワークや運動不足などで血行不良になってしまうと、血液が巡らずに滞って、冷えてしまいます。

ヨガは色々なポーズをして、カラダの隅々まで血行を促進する効果があり、カラダをポカポカにしてくれます。

温活はなぜ大事なの?

温活はなぜ大事なの?

冷えは万病の元」とも言いますよね。

人のカラダは、体温が1度下がるごとに、免疫力が約30%も落ちると言われています。

さらに、冷えやすいカラダは太りやすく痩せにくいカラダでもあるもの。

特に平熱が35度台の方は、意識してカラダを温めることをオススメします。

温活によってカラダが温まると、免疫もアップしする上に、太りにくく痩せやすいカラダ作りにもつながるのです。

温活に効果的なヨガの呼吸法2選

温活に効果的なヨガの呼吸法2選

ヨガと言えば呼吸法です。

ヨガでは普段より深い呼吸を促し、カラダを温めます。

特に温活に効果的なヨガの呼吸法2選をご紹介します。

腹式呼吸

腹式呼吸

腹式呼吸は、ヨガの呼吸法でも最もベーシックなもの。

腹式呼吸はお腹を膨らませたり凹ませたりすることで行う呼吸法。

深い呼吸をすることで横隔膜が動かされ、腹横筋が刺激されます

やり方
  1. あぐらをかいて座る。
  2. お腹に手を当てる。
  3. ますは口からゆっくりと息を全部吐き出す。
  4. この時お腹を凹ませるのを意識する。
  5. 鼻からお腹を膨らませながら8秒かけて、ゆっくりと息を吸い込む。
  6. 次に、8秒数えながらゆっくりと鼻から吐く。
  7. 同じ長さになるように頭の中で8秒を数えながら呼吸をくり返す。
  8. 10セットほど行う。

息を吸う長さと吐く長さが同じになるように意識しましょう。

ウジャイ呼吸法

ウジャイ呼吸法

ウジャイ呼吸は胸式呼吸の1つで、勝利の呼吸という意味があります。

アシュタンガヨガで使われる呼吸法であり、カラダを温める呼吸法です。

やり方
  1. あぐらポーズになり、まずは息を吐き出す。
  2. 鼻からゆっくり息を吸い込む。
  3. もう吸えないところまで吸ったら、まずは口から、息で窓ガラスを曇らせるように、「はーっ」と言いながら息を吐き出す。
  4. 口を閉じてゆっくり鼻から息を吸う。
  5. 次に、窓ガラスを曇らせるように吐き出すが、今度は口は閉じて鼻から息を吐き出す。
  6. 10セットほどくり返す。

息を吐く時に、喉を狭めるように意識をしてみましょう。

温活に効果的なヨガポーズ2選

温活に効果的なヨガポーズ2選

ヨガポーズにはカラダを伸ばして温めてくれるものがたくさんあります。

今回ご紹介するのは、基本的なふたつのポーズ。

呼吸を意識しながら行うことで、温活効果がアップします。

ダウンドッグ

ダウンドッグ

ヨガの代表的なポーズであるダウンドッグ。

「太陽礼拝」の中にも取り入れられており、カラダ全体で三角形を作るポーズです。

カラダ全体をストレッチし、血行促進効果が期待できます。

やり方
  1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる。
  2. 両手の手のひらを一枚分前に移動する。
  3. 息を吸い、吐きながらお尻を高く持ち上げて、ゆっくりとヒザを伸ばす。(伸ばし切らなくてもいい)
  4. カラダが三角形になるようにする。
  5. そのまま3〜5回呼吸する。

代わりばんこに足踏みをして、アキレス腱をストレッチするのも温活に効果的です。

半分のラクダのポーズ

半分のラクダのポーズ

半分のラクダのポーズは、カラダを大きく反らせる後屈のポーズのひとつです。

背面の筋肉をギュッと引き締めて、カラダの前面をストレッチし、血流を促してくれます。

姿勢の改善に効果的なポーズです。

やり方
  1. ヒザ立ちになり、ヒザの間は骨盤の幅に開く。
  2. 右手の親指を外にして右足首をつかむ。
  3. そのままゆっくりと息を吸い、吐きながら左手を上に伸ばしつつ、腰を前に押し出して反る。
  4. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  5. 終わったら反対側も同じように行う。

「反る」というよりも、骨盤を前に押し出すように意識しましょう。

寒い季節はヨガで温活しよう!

寒い季節はヨガで温活しよう!

カラダは外側からも、内側からも温めるのが効果的です。

ヨガは即効性のある温活であり、継続することで、温まりやすいカラダ作り効果的なものでもあります。

寒い季節は、ヨガでカラダをポカポカにしましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報