ヨガインストラクターは資格はなくてもいいはウソ?資格なしのヨガインストラクターが困ることとは?

ヨガインストラクター資格なしは望ましくない

ヨガインストラクターになりたいな〜と思った時に「私はアーサナもたくさんできるし、ヨガの本も読んでるし、何年もヨガを習っているから資格を取る必要はないのでは?」と思う方もいるでしょう。

ヨガ資格コースじゃなくてもヨガを個人的に学んでいるインストラクターもいますが、資格なしだと困ることもあるもの。

今回は、ヨガインストラクターの資格がないことのデメリットについてご紹介します。

ヨガインストラクターは資格なしでも大丈夫?

ヨガ資格の通信講座での取得はあまりオススメできない

ヨガインストラクターの資格は、すべて民間資格であり公的資格ではありません。

つまり国家資格のようなものではなく、「資格がないと教えたらいけない」ということはないのです。

ですが、ヨガ資格があった方がいいことは確か。

ヨガインストラクターの資格とは、どんなものなのかご紹介します。

ヨガインストラクターの資格なしでも良いのにどうして取得するの?

RYT200という知名度の高い資格でさえも、絶対に取らなければいけないものではありません。

ですが、ヨガ資格の取得の意味はヨガインストラクターになるための知識を養うためにあります。

ベーシックなヨガ資格であるRYT200は、取得をする上でアーサナ、解剖学、ヨガ哲学、指導法などをバランスよく学べます。

しっかりバランスのとれた知識がないと、ヨガインストラクターとして応用力をもって生徒に教えられませんよね。

安全に正しくヨガを教えるためにも、ヨガ資格は必要といえるでしょう。

資格なしのヨガインストラクターもいる

現時点でヨガ資格を持たない有名なヨガインストラクターの方々も、たくさんいらっしゃいます。

繰り返しますが、「資格がないと、ヨガインストラクターになれない」ということではありません。

ですが、ひと昔前より日本でもヨガスタジオは増え、ヨガインストラクターの数も増加しています。

競争率が年々高くなる中で、これからヨガインストラクターを目指すのなら資格は持っているにこしたことはないでしょう。

資格なしのヨガインストラクターのデメリットとは?

資格なしのヨガインストラクターのデメリットとは?

ヨガインストラクターを目指す人が増える中で、RYT200を取得するのは当たり前になっています。

では、ヨガ資格を取らない場合には、どんなデメリットがあるのかご紹介します。

資格なしのデメリット①:信頼してもらえない

ヨガ資格がないとヨガインストラクターとして指導をする時に、なかなか信頼を得るのが難しいでしょう。

初めてヨガを学ぶ生徒さんには、資格を持っているインストラクターだということで、安心感を持ってもらえます。

逆に資格を持っていないと、「この先生で大丈夫なの?」と不安を与えてしまう可能性があるのです。

ヨガ資格は、ヨガをしっかり学んだ証になるもの。

少しでも信頼して安心してヨガを受けてもらうためにも、ヨガ資格はあった方がいいのです。

資格なしのデメリット②:活動の場が少なくなる

ヨガインストラクターとして就職活動をした時に、最初に目に入るのは履歴書になります。

あなたがどんなにしっかり勉強したヨガインストラクターでも、資格がないと書類で落とされてしまう可能性もあるのです。

最近は、RYT200保持者のみというオーディションも増えてきています。

自分の活動の場を広げるためにも、ヨガ資格は取得したほうがいいでしょう。

資格なしのデメリット③:知識が偏ってしまう

バランスよくヨガを学んで、教えるためにもヨガ資格は必要です。

ヨガはいくら独学で学んでも、しっかりとヨガ資格コースで学んだ人よりは知識に偏りが出てしまうでしょう。

ヨガのベーシックな資格であるRYT200は、アーサナ、解剖学、ヨガ哲学、指導法などをバランスよく200時間かけて学べます。

バランスよくヨガを学ぶことは、自分の自信にもなり、正しくヨガを教える事にもつながります。

資格なしのヨガインストラクターはRYT200を取得しよう

働きながらヨガ資格を取得する際の注意点3つ

ヨガ資格なしだとヨガインストラクターとしてバリバリ活躍するのは、難しいでしょう。

最後にヨガ資格にはどんなものがあるのか、RYT200とはどんなものかについてご紹介します。

資格なしならRYT200がオススメ

ヨガ資格は大きく分けると、RYT200であるものとそうでないものに分けられます。

資格なしのヨガインストラクターがこれから取得仕しようと思っているのであればRYT200がオススメ。

RYT200は知名度の高いベーシックなヨガ資格であり、それ以外は企業やヨガサービスから独自に出された資格になります。

RYT200は世界70ヶ国で通用する一方で、RYT200以外の資格はヨガインストラクターとして仕事をする上では「ヨガ資格」として十分ではないと見なされることも多いのです。

RYT200について、詳しい内容は次の記事にまとめているのでご参考ください。

ヨガインストラクターは資格なしだとデメリットが多い

ヨガ資格取得スクールYMC東京・新宿校

ヨガ資格を持っていないと色々なデメリットがあるようです。

バランスよくヨガを学ぶためにもヨガ資格は必要なもの。

今からヨガインストラクターを目指す方には、RYT200の取得をオススメします。

次の記事でRYT200の取得にかかる費用などについてまとめていますので、経済的に悩んでいる人は読んでみてくださいね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。