SPARK用のタグ

夜ヨガの効果・メリット3選!おすすめの夜ヨガフローもご紹介

夜ヨガの効果・メリット3選!おすすめの夜ヨガフローもご紹介

1日の終わりに行う夜ヨガ。

寝る前のヨガにも、さまざまな効果が詰まっています。

今回は夜ヨガの効果や、夜におすすめのヨガポーズを効果と共にご紹介します。

RYT200を取得する前に資料をみる

夜ヨガの効果・メリット3選!

夜ヨガの効果・メリット3選!

ヨガは行う時間帯によっても、それぞれ効果が違うものです。

夜ヨガは、どんな目的を持って行えばいいのでしょうか?

夜ヨガの効果・メリット3選をご紹介します。

安眠効果

夜ヨガは、呼吸法やポーズによって副交感神経を優位にし、心身の緊張を緩め、睡眠の質を高めることにつながります。

忙しい日々によるストレスや、夜遅くまでの残業などが重なると、交感神経と副交感神経のスイッチが切り替えにくくなり、自律神経の乱れにつながります。

そうすると、疲れているはずなのになかなか寝付けなかったり、朝にスッキリと起きられなかったり…といった睡眠障害に繋がってしまいます。

夜ヨガで自律神経のバランスを整えることで、安眠効果が期待できるのです。

リラックスしてストレス解消

夜ヨガは、深い呼吸やゆったりとしたストレッチによって1日のカラダの緊張をほぐし、心を落ち着かせて、深いリラックス効果が得られるもの。

夜遅くまで仕事や考え事をしてしまうと、休むべき時間に心身がうまくオフにならず、ストレスによる暴飲暴食や睡眠障害につながることも。

ヨガは呼吸やカラダに意識を集中することで、頭を空っぽにしてリセットする瞑想のような効果があります。

夜ヨガでリラックスタイムを取ることで、1日のストレスを解消して新たな活力を得ることができます。

>>ヨガの呼吸法はストレス解消に効果的!ヨガの深い呼吸でリラックスを手に入れる

足のむくみ改善

足や下半身のむくみは、夜ヨガで解消することができます。

夕方になると靴がパンパンになったり、足が怠かったりするのは、下半身のむくみが原因です。

足は心臓から一番遠い位置にあり、血行促進されにくい場所。

カラダの水分が下半身に滞り、足のむくみの原因になってしまうのです。

夜ヨガで下半身を気持ちよく伸ばし、血行促進することで、足のむくみの改善につながります。

効果的に夜ヨガをする時間帯やポイントとは?

効果的に夜ヨガをする時間帯やポイントとは?

効果的に夜ヨガをするためには、

  • 食後1時間以上空ける
  • お風呂の後がいい
  • 寝る前のリラックスタイム
  • 10分〜30分程度の短め
  • 運動量は少なめ

というポイントに注意して行いましょう。

夕飯直後に夜ヨガをすると、胃が消化不良を起こしてしまったり、気分が悪くなったりする可能性があります。

食後は1時間以上の時間を空けてから行いましょう。

お風呂の後はカラダが柔らかくほぐれており、夜ヨガに適しています。

また、時間は短めで運動量は少なくしましょう。

夜ヨガで動き過ぎてしまうと、逆に目が覚めてしまう可能性があります。

リストラティブヨガやゆったりとしたストレッチ、瞑想などをメインにしたリラックス系のヨガを行いましょう。

>>リストラティブヨガとは?資格は必要?リストラティブヨガの特徴やコース内容を解説

夜ヨガにおすすめヨガポーズ4選!効果とともにやり方を紹介!

夜ヨガにおすすめヨガポーズ4選!効果とともにやり方を紹介!

1日の疲れやストレスを解消するのにぴったりな夜ヨガ。

夜ヨガにおすすめなヨガポーズ4選をご紹介します。

夜ヨガで心身をリラックスさせましょう。

サギのポーズ

下半身のストレッチや血行促進に効果的なサギのポーズ。

股関節の矯正にも適したポーズです。

足を高く上げ、むくみの改善が期待できます。

サギのポーズのやり方
  1. 座って両足を前に足を伸ばし、カカトが内を向く様にして、右足を外側に曲げる。
  2. 左足のひざを立て、足の裏を両手で包む。
  3. 息を吸い、吐きながら足の裏を遠くに押すように斜め上伸ばす。
  4. ポーズをキープしたまま3〜5回呼吸する。
  5. 終わったら反対側も同じよに行う。

チャイルドポーズ

ヨガのレッスンでは、休憩のポーズとして使われることが多いチャイルドポーズ。

上半身のストレッチ効果や自律神経を整える効果があります。

心身を落ち着けてくれるポーズです。

チャイルドポーズのやり方
  1. 正座になる。
  2. 腕を前方に伸ばして床にペッタリと、上体を長く倒す。
  3. そのまま3〜5回呼吸する。

ワニのポーズ

寝たままカラダをねじるワニのポーズ。

腰痛改善や、股関節の矯正効果が期待できます。

ねじることで血行促進してカラダを温めてくれます。

ワニのポーズのやり方
  1. 仰向けに寝て右足のヒザを曲げ、胸に近づけて左手で抱える。
  2. 骨盤ごとゴロンと左にヒザを倒し、首は右に倒し右手は横に伸ばす。
  3. そのまま3〜5回呼吸する。
  4. 反対側も同じようにやる。

魚のポーズ

胸から上を大きく開くポーズ。

頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)のツボを刺激し、自律神経のバランスを整えてくれます。

安眠効果が期待できるポーズです。

魚のポーズのやり方
  1. 仰向けに寝て、手のひらを下に向け、お尻の下に腕を敷く。
  2. 背中の下で両方の腕をできるだけ中心に引き寄せる。
  3. ヒジを曲げて床を押し、胸から上を持ち上げて頭のてっぺんをそっと床に下ろす。
  4. そのまま3〜5回呼吸する。

夜ヨガの効果で心身をリセットしよう!

夜ヨガの効果で心身をリセットしよう!

夜ヨガは1日で溜まったストレスや疲労を解消してくれるもの。

安眠効果も期待でき、気持ちよく次の日をスタートできるかもしれません。

夜のリラックスタイムに、夜ヨガで心身をほぐしてみましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報