SPARK用のタグ

陰ヨガで心身をリラックスしよう。リラックスタイムにやりたい陰ヨガのポーズ

陰ヨガで心身をリラックスしよう。リラックスタイムにやりたい陰ヨガのポーズ

「陰ヨガ」って聞いたことはありますか?

じっと止まっているイメージの陰ヨガですが、さまざまな効果が期待できます。

今回はリラックスタイムにオススメな、心身を癒してくれる陰ヨガのポーズをご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

陰ヨガとは?

陰ヨガとは?

「陰ヨガ」とは、中国の「陰陽五行思想」にもとづいたヨガのこと。

呼吸に意識を向けながら、じっくりとポーズし、カラダの深部に働きかけます

普通のヨガに比べてポーズをキープする時間が長いのが特徴で、ひとつのアーサナを3~5分間ほどかけて行います。

ヨガの中でも最も運動量が少ないヨガと言われており、座位のポーズが中心です。

ゆったりとしたヨガなので、運動が苦手な方でも取り組みやすいでしょう。

運動量が多い、アシュタンガヨガ、ハタヨガ、などが「陽ヨガ」と呼ばれる一方で、運動量が少ないものを「陰ヨガ」と呼びます。

陰ヨガはリラックス効果が高い他、カラダの柔軟性アップや、自律神経のバランスを整える効果が期待できます。

陰ヨガの効果とは?

陰ヨガの効果とは?

ひとつのポーズに時間をかけて、自分の心身とじっくり向き合う「陰ヨガ」。

ここでは陰ヨガならではの、具体的な効果をご紹介します。

リラックス効果

リラックス効果

深い呼吸とともにポーズをホールドすることは、心身をリラックスさせる働きがあります。

普段の生活で欠けてしまいがちなゆっくりとする時間を陰ヨガで取ることで、心の落ち着きを取り戻すことができるのです。

柔軟性アップ

柔軟性アップ

陰ヨガでは、カラダの重みを使って、ひとつひとつのポーズに時間をかけて、関節の柔軟性を高めていきます。

ゆっくりとした呼吸をしながらカラダの力を抜くことで、靭帯や腱などを時間をかけて伸ばしていきます。

関節まわりをほぐし、可動域を広げて、柔軟性アップが期待できます。

血行促進

血行促進

上記で述べたように、「陰ヨガ」では時間をかけて関節の可動域を広げることが可能です。

関節の可動域が広がり、柔軟性が高まることは、血行促進やリンパの流れの改善につながります。

カラダの循環が良くなると、美容にも良い影響がでたり、老廃物の排出が促されたり、カラダが疲れにくくなったり…、などのさまざまな効果が期待できます。

リラックスしたい時にオススメな陰ヨガのポーズ5選

リラックスしたい時にオススメな陰ヨガのポーズ5選

今回ご紹介するのは、自宅でもできるリラックス効果の高い陰ヨガのポーズ5選。

デスクワークなどで疲れたカラダをほぐしてあげましょう。

バタフライのポーズ

バタフライのポーズ

「バタフライのポーズ」は、陰ヨガの代表的なポーズのひとつ。

蝶の羽のようにヒザを横に開くポーズで、「合せきのポーズ」とも呼ばれます。

股関節まわりの柔軟性アップに効果的です。

やり方
  1. 長座になる。
  2. 足の形がひし形になるように、ヒザを曲げて足の裏を合わせる。
  3. 両手で足を外側からつかむ。
  4. 背骨を伸ばしてひと息吸う。
  5. 息を吐きながら、背筋を伸ばしたままゆっくりと前屈していく。
  6. これ以上前屈できないところまで行ったら、力みをなくして首の力を抜く。
  7. そのまま3〜5分間、ポーズをキープする。

より力を抜きたい場合は、折りたたんだブランケットやヨガブロックをおでこの下に置いて頭を休めましょう。

片足前屈のポーズ

片足前屈のポーズ

「片足前屈のポーズ」は、その名の通り、片足ずつ前屈するポーズ。

足の裏側全体をストレッチできます。

前屈が苦手な方は、片足ずつ時間をかけて伸ばせるのでオススメです。

やり方
  1. 長座になる。
  2. 左のヒザを立てて外側に倒し、左のカカトを恥骨の方へ引き寄せる。
  3. 息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながら上体を前に倒す。
  4. 力を抜き、そのまま3〜5分間、ポーズをキープする。

無理のない範囲で前屈を深めましょう。

シューレースのポーズ

シューレースのポーズ

「シューレースポーズ」は靴紐のように足を交差して組むポーズです。

カラダの重みに身を任せることで、股関節の柔軟性を高める効果が期待できます。

やり方
  1. バタフライポーズになり、右足のヒザをお腹の前に置く。
  2. 左足を右足の上に重ね、ヒザとヒザがお腹の前で重なるようにする。
  3. 息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながらカラダをゆっくり前に倒していく。
  4. 3〜5分キープする。
  5. 終わったら反対側も同じように行う。

足とお腹の隙間にブランケットを入れることで、より力を抜くことができます。

仰向けのねじりのポーズ

仰向けのねじりのポーズ

「仰向けのねじりのポーズ」は、背骨をねじり、カラダの強張りをほぐしてくれるポーズです。

比較的簡単なポーズで、高いリラックス効果をもたらしてくれます。

やり方
  1. 仰向けになり、ウデは横に伸ばす。
  2. 両ヒザを曲げ右側へ倒し、3~5分キープする。
  3. 反対側も同じように行う。

お尻まわりや、腰まわりの伸びを感じてみましょう。

魚のポーズ

魚のポーズ

陽ヨガでもお馴染みの「魚のポーズ」。

今回ご紹介するのは、ブランケットやブロックを使って長くキープして背中をほぐすバージョンです。

やり方
  1. 仰向けに寝る。肩甲骨の下あたりに、折りたたんだブランケットやヨガブロックを置く。
  2. 肩の力を抜き、ウデも楽な位置に置いてリラックスする。
  3. そのまま3〜5分キープする。

頭の下にもブランケットやブロックを置いても良いでしょう。

陰ヨガで心身をリラックスしよう

>陰ヨガで心身をリラックスしよう

寒い冬はカラダも緊張しやすいもの。

そんな時は、リラックスタイムに陰ヨガを取り入れてはいかがでしょうか?

心身をリラックスさせて疲労を回復しましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報