主要なヨガ資格を難易度別に総まとめ【知っておきたい資格のみ厳選】

主要なヨガ資格を難易度別に総まとめ【知っておきたい資格のみ厳選】

ヨガインストラクターを目指す時に必要なヨガ資格ですが、ヨガ資格が色々ありすぎて迷っている方もいらっしゃると思います。

できれば知名度もあり、信頼できる資格を取得したいですよね。

今回は知っておきたいヨガ資格を、難易度別に厳選してご紹介します!

全米ヨガアライアンス認定資格がおすすめ!

全米ヨガアライアンス認定資格がおすすめ!

ヨガ資格は種類が豊富にあり、国際的に通用する世界的な知名度の高い資格から、ヨガスタジオ独自に開発されている資格まで幅が広いです。

その中でも、ヨガ資格としてもっとも有名なのが「全米ヨガアライアンス」の資格です。

全米ヨガアライアンスとは、90年代に2つのヨガ団体が合併して作られたアメリカの非営利団体で、世界で1番知名度の高いヨガ協会です。

そんな全米ヨガアライアンスでは一定の水準を満たすヨガ資格を制定しており、質の高いヨガインストラクターの輩出に務めています。

全米ヨガアライアンス認定資格は、世界70カ国で通用する国際的な資格なのです。

ヨガ資格と言ったらこれ!RYT200

ヨガ資格と言ったらこれ!RYT200

ヨガ資格を取得しようか考えている方は、『RYT200』という文字を目にしたこともあると思います。

RYT200はヨガインストラクターになるための基本の資格とも言われています。

RYT200がどういうものなのか、具体的にご紹介します。

RYT200とは?

RYT200とは、Registered Yoga Teacherの略です。

RYT200は、全米ヨガアライアンスによってカリキュラムが決められており、アーサナ、ヨガ哲学、解剖学、指導法などをバランスよく、約200時間かけて学ぶことができます。

RYT200はRYS(Registered Yoga School)というヨガアライアンス認定校で取得が可能です。

一定の水準を満たしていないと全米ヨガアライアンスに認定校として認められません。

当校YMCメディカルトレーナーズスクールも、ヨガアライアンス認定校のひとつです。

RYT200はヨガインストラクターを目指す上で、基盤となるヨガ資格なのです。

RYT200の難易度は?

RYT200は、全米ヨガアライアンスによって制定されたカリキュラムにそって、基本的なアーサナからヨガの歴史や指導法などを学びます。

しっかりとヨガインストラクター養成講座を受けていれば問題なく取得できる資格です。

合格率は高めで、難易度も低めと言えます。

>>RYT200とは?取得費用や難易度、事前に準備しておくべきことを解説

さらに上を目指すなら、RYT500

さらに上を目指すなら、RYT500

『RYT500』という文字も見たことがあると思います。

RYT500は、RYT200の上位資格で日本ではまだ取得者がそこまで多くありません。

RYT500について詳しくご紹介します。

RYT500とは?

RYT500は、RYT200を取得しているヨガインストラクターがステップアップするために学んで取得する資格です。

必須クラス155時間と選択クラス145時間の合計300時間かけて、より深いヨガの知識や技術を学びます。

RYT200の200時間+300時間で、トータル500時間ヨガを学ぶのがRYT500なのです。

より本質的なヨガを学ぶための資格です。

RYT500の難易度は?

まず、RYT500は「RYT200の取得者」じゃないと取得できません。

RYT200の取得に比べると合格率は低めで、難易度も高いと言われています。

日本でのRYT500取得者は200名程度と少なく、RYT500を取得していると仕事などで優遇されることも少なくありません。

>>YMCでRYT500を取得できる詳しいコース内容はこちら

その他の全米ヨガアライアンス認定資格

その他の全米ヨガアライアンス認定資格

全米ヨガアライアンス認定資格は他にもあります。

この資格はRYT200、もしくはRYT500をすでに取得している人が取得できる資格です。

2つご紹介します。

RPYT

RPYTは、Registered Prenatal Yoga Teacherの略で、マタニティヨガインストラクターを目指せる資格です。

妊娠中や産後の女性のためのヨガについて学びます。

しっかりと養成講座を受講すれば、合格率は高く、難易度も低い資格です。

RCYT

RCYTは、Registered Children’s Yoga Teacherの略です。

キッズ向けヨガインストラクターを目指す資格です。

子供ならではのストレスの解消や、体を整えたりするヨガを学びます。

しっかりと養成講座を受講すれば、難易度、合格率共に高い資格です。

国内のヨガ資格

国内のヨガ資格

海外より日本のヨガブームは遅く始まりましたが、今は日本でもいくつかヨガ資格を出している団体があります。

国内発のおすすめヨガ資格を2つご紹介します。

一般社団法人 全日本ヨガ協会(AJAY)

一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)では、ヨガを学ぶため個々の環境に対応して、目的に応じたライセンスを取得できること。

そのために必要な知識や技術の普及と向上を目標としています。

1級~3級までの資格が分かれており、合格率は高く、難易度も低いです。

一般社団法人 国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)

一般社団法人 国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)は、人々が積極的・自律的に病気や怪我を防ぐ社会づくりを目指して作られた協会です。

ヨガ資格は1級と2級があり、しっかりIHTA認定校で勉強すれば、難易度は高くありません。

YMCメディカルトレーナーズスクールもIHTAの認定校であり、RYT200の取得を目指すと共にIHTAのヨガ資格が取得できます。

>>IHTA認定のヨガインストラクターになるには?そもそもIHTAとは何かから解説

ヨガ資格は全米ヨガアライアンスがおすすめ

ヨガ資格は全米ヨガアライアンスがおすすめ

ヨガ資格は色々ありますが、知名度も高く国際的に通用する全米ヨガアライアンスの資格がおすすめです。

YMCメディカルトレーナーズスクールも全米ヨガアライアンス認定校のひとつ。

ヨガ資格に迷ったら、YMCでRYT200を取得しましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。