【オンラインでRYT500取得】ヨガ資格のアドバンスコースに注目

【オンラインでRYT500取得】ヨガ資格のアドバンスコースに注目

 

新型コロナウイルスの収束が見えない中、全米ヨガアライアンス協会は2023年12月末までの暫定的措置として、「オンライン」で「RYT500」の受講を認める指針を発表しました。

それに伴い、YMCメディカルトレーナーズスクールでは、この機会を「学びを深めるチャンス」ととらえ、「RYT500」の完全オンライン対応講座『RYT500オンライン特別プログラム』を新たに作成しました。

 

実はこのコース、リリースからかなりの反響をいただいているんです。

ということで、本記事ではヨガの国際資格「RYT500」についての基本と、「オンラインで学ぶRYT500」のメリットについて解説します。

 

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT500はアドバンスコース

RYT500はアドバンスコース

まずは、基本となる「RYT500」について整理しましょう。

RYTは「Registered Yoga Teacher」の略で、直訳すると「登録ヨガ講師」となります。全米ヨガアライアンス協会の定めるヨガ指導者としてのカリキュラムを学び、同協会に登録したヨガインストラクターを意味します。

 

RYT500は、RYT200(指導者としての200時間)を終了後に、さらにヨガを深く学ぶことで取得できる上位資格。200時間+300時間のカリキュラムを受講することで「RYT500」を終了したことになります。

 

RYT500については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

≫ RYT500とは?目指すメリット・取得条件、RYT200との違いを解説!

 

RYT500の取得者はまだ少ない

実は、日本において「RYT500」の取得者は、まだまだ少ないのが現状。

2021年12月15日時点の日本における登録者数は409人で、RYT200の登録者2,263人のうち、わずか18%にとどまっております。

 

今後、RYT500の取得は価値が高くなる

RYT500を保有していることは、今後、希少人材として価値が高まることが予想されます。

その理由として、全米ヨガアライアンス協会が発表した「新スタンダード」があります。

 

詳しく解説すると、2019年の6月に全米ヨガアライアンス協会は「RYT200」を運営する認定校に対して、「新スタンダード」を発表しました。

新スタンダードとは、「今後、RYT200の運営ルールを大きく変更するよ」といった指針のこと。大きな変更点としては「リードティーチャー」、つまり「RYT200」を教える先生の条件が変わることになりました。

 

新スタンダードになると「RYT200」を担当する講師は「E-RYT500保有者」に限定されるようになります。

「E-RYT500」となるためには、500時間の指導者養成講座を修了(RYT500)し、RYT200取得後から4年以上かつ2,000時間以上の指導経験を積んでいる必要があります。

 

つまり、「RYT500」を保有している人が少ない日本では、今後かなりの貴重人材になると予想されます。

※新型コロナウイルスの拡大により、新スタンダードの開始については当面の間延長されております。

 

オンライン受講できるのは2023年まで

オンライン受講できるのは2023年まで

冒頭でもお伝えしたとおり、「RYT500」をオンラインで受講できるのは2023年までに限られています。

これは、リアルタイム受講の他、予め録画された「ビデオ」での受講も許可されています。

これにより、既にヨガインストラクターとして活動している人も、隙間時間などを活用して効率的に学ぶことができるようになります。

 

オンライン受講はこんな人におすすめ

「RYT500」のオンラインコースはこんな方におすすめです。

  • 幅広い知識を身に着けたい
  • 隙間時間を活用して学びたい
  • お子さまがいて通学が難しい
  • 最短で取得したい
  • 将来、ヨガ講師として活躍したい

 

中でも一番のメリットは「最短で取得できる」こと。

通常、「RYT500」を取得するためには1年以上の時間がかかるのが一般的ですが、先にも述べたとおり、「ビデオ講義」を活用することで最短で取得することができるのが最大のメリットです。

 

YMCで受講できるRYT500オンラインコースの詳細

YMCで受講できるRYT500オンラインコースの詳細

これより、YMCメディカルトレーナーズスクールで学ぶことのできる『RYT500オンライン特別プログラム』について詳細を解説します。

 

なお、詳細は、こちらでもご確認いただけます。

≫ RYT500オンライン特別プログラム

 

受講料

受講料は原則、465,000円です。

※YMC卒業生の場合は、割引制度があります。

 

受講期間

受講開始日から8ヶ月間です。

 

学べる内容

充実の300時間には、下記内容が含まれます。

  • アーサナ読解
  • グループレッスン対策
  • プログラミング
  • 小顔フェイシャルヨガ
  • マタニティヨガ
  • シニアヨガ
  • ヨガリフレクソロジー
  • 解剖学
  • ヨガと生理学
  • ヨガ哲学
  • バガヴァットギータ
  • アーユルヴェーダ基礎
  • プレピラティス
  • セルフストレッチ
  • 産後ケアトレーニング
  • 頸椎アナトミカルアプローチ
  • ヨガレッスン

※講義はオンラインによるリアルタイム講義とビデオ講義の両方があります。
※リアルタイム講義をお休みした場合は、ビデオ補講にて受講いただけます。
※詳細につきましては、YMCまでお問い合わせください。

 

まとめ

本記事のまとめです。

新型コロナウイルスの拡大により、ヨガの上位資格である「RYT500」が特別措置として、期間限定でオンライン受講できるようになりました。

オンライン受講が可能になったことで、これまで1年以上かけて学ばなければいけなかったカリキュラムが、隙間時間などを活用して最短で取得できるようになりました。

 

また、将来的に「RYT200」が新スタンダードに移行すると、講師不足が懸念されることから「RYT500」を保有しているヨガインストラクターの価値が高まることが予想されます。

オンライン受講のルールとしては、2022年度内に受講をスタートさせなければならないため、「RYT500」の取得を検討している人は、期間内に行動を起こすように検討されることをおすすめします。

 

コースの詳細につきましては、こちらでもご確認いただけます。

≫ RYT500オンライン特別プログラム

 

本日は以上となります。

この記事が、皆さまのお役にたてたらうれしいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

本記事の参考

 

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 YMCスタッフ:池田浩司
ヨガスクールの中の人。WEB集客のほか、ヨガ情報サイトの企画・立ち上げやWEBライター養成講座などのコース開発を行ってます。ヨガインストラクターのための情報ブログも運営しています。詳細はこちら

おすすめ情報