冷え性の人にオススメしたい代謝を上げるヨガポーズ3選

寒さが身に染みる季節になってきました。

冷え性さんは特に秋冬は辛いですよね…。

今回は代謝を上げるポイントや、ヨガポーズをご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

代謝を上げるにはどうしたらいい?5つのポイント

代謝を上げるにはどうしたらいい?5つのポイント

カラダが冷えやすい方や寒がりな方は、代謝を上げることで内側からカラダを温めることができます。

どうすれば代謝を上げられるのでしょうか?

代謝を上げる5つのポイントをご紹介します。

適度な運動をする

適度な運動をしてカラダを動かすことは、代謝を上げる重要なポイントのひとつです。

運動習慣がない人は、年齢とともに代謝はどんどん下がってしまいます。

運動をすることで、血の巡りが良くなり、代謝を上げることができます、

また、運動は代謝が上がるだけでなく、睡眠の質を改善したり、自律神経のバランスを整えたり、さまざまな健康効果が期待できます。

筋肉をつける

筋肉量の低下は、代謝が下がってしまう大きな原因のひとつです。

冷え性の人は筋肉量が少ない場合が多いもの。

痩せている人が寒くなりがちなのは、筋肉量が少ないからです。

運動習慣がないと、筋肉量は加齢とともに減っていきます。

ある程度の筋肉をつけるためには、生活に運動を取り入れる必要があります。

休みの日にカラダを動かしたり、通勤の時に少し歩くようにするなどの工夫をしてみましょう。

血行促進

血の巡りは代謝と大きく関係するものです。

カラダを動かさないでいると、血流が滞り、代謝は下がってしまいます。

日常生活に軽いストレッチを取り入れたり、毎日入浴をしっかりするなどして、血行を促進するように意識してみましょう。

カラダを温める

体温が低いと代謝は下がってしまいます。

外側や内側から、カラダを温める工夫をしましょう。

寒いと感じたら温かい飲み物を飲んだり、厚手の服を着たりなどの工夫か必要です。

また暑い季節でも、ずっと冷房の効いた場所に居てはカラダは冷えてしまいます。

代謝を上げるためには、カラダを冷やさないように心がけましょう。

規則正しい生活

意外と知られていないのが、代謝を上げるためには規則正しい生活がポイントになる、ということです。

不規則な生活を送っていると、自律神経が乱れてしまい、代謝が下がってしまいます。

自分の生活習慣も見直してみましょう。

代謝を上げるヨガポーズ3つ

代謝を上げるヨガポーズ3つ

ヨガポーズの中にも、代謝を上げるのに適したものがたくさんあります。

今回は3つのオススメポーズをご紹介します。

トラのポーズ

「トラのポーズ」は、見た目はシンプルでありながらも、バランス感覚を磨きながら体幹を鍛えられるポーズです。

慣れないうちはグラグラするかも知れません。

足を後ろに上げるため、お尻の筋肉を使い、ヒップアップにもつながります。

やり方
  1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる。
  2. ゆっくりと右足を後ろに、左手を前に伸ばしてバランスを取る。
  3. そのままひと呼吸息を吸い、吐きながら左手を後ろに回して右足のつま先をつかむ。
  4. ゆっくりと息を吸いながら、つかんだ足を少し上に引き上げて視線も上にする。
  5. そのままゆっくり2〜4回呼吸する。
  6. 終わったら反対側も同じようにやる。

慣れるまでは手足を伸ばしてキープするだけでもOKです。

>>トラのポーズ|3つの効果と体感強化エクササイズ法を解説

サイドアングル

「サイドアングル」は、足の先から手先までを長く伸ばし、全身の血行促進に効果的なポーズです。

下半身の筋肉でしっかりとカラダを支えながら、体側を伸ばします。

ポーズに挑戦しているうちにカラダがポカポカしてくるでしょう。

やり方
  1. 肩の下に手が、股関節の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる。
  2. 片足ずつ後ろに引いてプランクポーズになる。
  3. そのまま息を吸い、吐きながら右足、手と手の間に踏み込む。
  4. 左足のかかとをくるっと内側に回して床につける。
  5. 息を吸いながら右手で床を押し、左手を天井へ伸ばす。視線も天井へ。
  6. ゆっくり息を吐きながら左手を前方に伸ばす。
  7. そのまま3〜5回呼吸する。
  8. 終わったら反対側も同じようにやる。

胴体が太ももの上に接触しますが、なるべく太ももに体重をかけずにキープしましょう。

ねじりのポーズ

「ねじりのポーズ」は、その名の通り、胴体をねじるポーズです。

「ねじる」という行為は日常生活ではあまり行わず、内臓を刺激して活性化したり、背骨を整えたりする効果が期待できます。

内臓が活性化すると血流が良くなり、代謝アップにつながります。

やり方
  1. 長座になる。右足を曲げ、左をまたいでヒザを立てる。
  2. 右手をお尻の後ろにつく。
  3. 息を吸いながら左手を上に伸ばし、吐きながらウエストを右にねじり、左ヒジを右のヒザに引っかける。なるべく視線は後ろに。
  4. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  5. 終わったら反対側も同じようにやる。

背筋が丸くなったまま行うと、怪我の原因になってしまいます。

背筋を長く伸ばして行いましょう。

>>“ねじる系”ヨガポーズ特集!ねじりのポーズは効果がすごい

ヨガで代謝を上げて冷え性改善!

ヨガで代謝を上げて冷え性改善!

冷え性はカラダを変えることで緩和につながります。

ヨガで代謝を上げて、冷え性改善を目指しましょう!

ヨガを深めたい方へ【体験レッスン有り】

一人一人の筋肉量や柔軟性によって、ポーズ(アーサナ)の最適な強度やコツが違います。
キャンペーンの機会に、ぜひプロのインストラクターと一緒にヨガを楽しみませんか?

新たな学びやあなたに合ったフィードバックももらえるかもしれません。

  • 講師全員が「RYT200」を所持するプロインストラクター
  • 全30種のレッスンプログラム
  • 身体が硬い人・初めての方も多数いて安心!
  • 複数人でヨガを行う気持ち良さや楽しさを味わおう!

▼YMCのヨガスタジオを詳しくチェック▼
>>入会金¥0!スタート応援キャンペーンの詳細を見る

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報