整体師資格の難易度とは?勉強しないとできない?資格取得の道のりについて

整体師資格の難易度とは?勉強しないとできない?資格取得の道のりについて

整体師資格に興味あるけど、難しそう…。

そう考えて、なかなか最初の一歩が踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

整体の資格を取るためにどれくらい勉強する必要があるのか?どれくらい難しいのか?

今回は、整体師資格の難易度や取得までの道のりについてまとめました。

整体師資格の難易度とは?

ここでは、整体師資格の難易度についてご説明します。

当校YMCメディカルトレーナーズスクールでは、国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)認定の資格を取得することができますが、難易度や所要時間はコースによって様々です。

例えば、開業を目指す方々が、ボディケア(揉みほぐし)、骨格調整(関節へのアプローチ)、小顔調整、リフレクソロジー(足裏)、ストレッチ(骨格調整アドバンス)と整体師が学ぶべき全ての要素を盛り盛りに含んだ【独立開業技術】というコースは172.5時間のカリキュラムが用意されており、難易度も比例して高めです。

一方で、整体師の基礎である「うつ伏せでのボディケア(揉みほぐし)」を学ぶ<整体師【3級】>というコースは約20時間で「IHTA認定ケアセラピスト」を取得できる割とソフトなカリキュラムもあります。

「自分がどこまでを目指したいか」にもよりますが、整体師は決して難易度が高いわけではありません。

予備知識ゼロの方々も安心して学べて、習得メリットの高い技術が目白押しなのです。

>>YMCメディカルトレーナーズスクールの各コース内容の解説はこちら!

整体師は勉強して資格を取らないとなれない?

整体師は勉強して資格を取らないとなれない?

整体師の資格はすべて民間資格であり、資格がないと整体師をしてはいけない、ということはありません。

なので、極端に言うと「整体師になる!」と言えば今すぐにでもなることはできるので、独学でも整体師になれないことはないのです。

ただし、

  • 整骨
  • 接骨
  • マッサージ

これらは、国家資格を取得している「柔道整復師」と「あん摩マッサージ指圧師」にしかできません。

「柔道整復師」や「あん摩マッサージ指圧師」は治療が目的で、整体師はリラクゼーションや疲労回復が目的という違いがあり、整体師はあくまでも民間資格の領域なのです。

より詳しい説明は、以下の記事で解説しています。

>>資格なしでは整体師になれない?整体の資格がないと困ることとは?

整体師の民間資格取得までの道のりについて

整体師の民間資格取得までの道のりについて

整体師として生計を立てていくのであれば、やはり民間資格は取得しておいた方が良いです。

しっかりと正しい知識と技術を身につけて、顧客の信頼を勝ち取りましょう。

ここからは、民間資格を取得するまでの道のりについて解説します。

スクールで民間資格を取得する

一番オーソドックスな選択肢が、資格を取得できるスクール知識と技術を学ぶことです。

整体を学ぶスクールでは、仕事や子育ての合間に通学する方も多いため、、多くのスクールでは通いやすいように夜間や休日の授業も充実しており、個人のスケジュールに合わせて受講できるようになっています。

卒業後の就職サポートも行なっていたりするので、資格の取得から就職までお世話になることも可能です。

>>就職サポートが充実しているYMCメディカルトレーナーズスクールの詳細はこちら

未経験OKの整体院で働きながら民間資格を取得する

整体師は無資格でも、意気込みさえあればなることは可能です。

整体院の中には、未経験や無資格の整体師を採用しているところも少なくありません。

全く知識がない場合でも、研修期間があったり、民間資格を取得するサポートをしてくれたりする場合もあります。

少しでも早く整体師になりたい場合は、そのような未経験OKの整体院に就職し、そこで働きながら整体師の民間資格を取得することも可能なのです。

通信講座で資格を取得する

仕事や育児が忙しく、スクールに通えない方には通信講座という方法もあります。

通信講座では、DVDやテキストやウェブ上の教材を使って、スクールに通わずに自宅から好きな時間に整体について学べます。

時間帯や場所を選ばず、整体について学べるのが通信講座のメリットですが、通信講座はデメリットも多いです。

通信講座の1番のデメリットは、実技の練習ができないということ。

整体の技術は人のカラダに直接触る必要があります。

スクールでは実技で実際にカラダに触って練習を積めますが、ほとんどの通信講座ではそれができません。

できるだけ、整体師の民間資格は、実技が充実しているスクールに通って取得しましょう。

>>整体の資格は通信でも取れる?整体師資格を通信で取得する前に知っておきたい3つの失敗例

整体師資格の難易度、取得までの道のりまとめ

整体師資格の難易度、取得までの道のりまとめ

ここまでご説明した通り、民間資格である整体師になること自体は難しいことではありません。

しかし、カラダを扱う仕事であるが故に、整体師という仕事は「なった後」が非常に重要なのです。

  • お客様からどれだけ信頼をしていただけるか
  • 施術スキルで、どれだけお客様をご満足させられるか
  • 接客スキルで、どれだけお客様とのご縁を大切にできるか

誰でもなれる「整体師」ですが、なった後に「成功する」ためにも、しっかりとしたスクールで学び、自分自身のスキルを磨き、自信をつけることは必要不可欠な道のりであるとご認識いただければ幸いです。

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。