ピラティスインストラクターの給料、年収は?気になるお金事情を解説

ヨガインストラクターの1日とは?フリーランスの働き方、スケジュールをご紹介

ピラティスインストラクターを目指すのなら、できるだけお給料も良いに越したことはありませんよね。

ピラティスインストラクターの平均的な給料・年収はどのくらいなのでしょうか?

今回は働き方別の給料や、年収アップの方法についてご紹介します。

ピラティスインストラクターの平均的な年収・給料は?

ピラティスインストラクターの平均的な年収・給料は?

ピラティスインストラクターの平均収入は、だいたい300万円前後と言われています。

これは日本の給与所得者の平均年収が441万円(2018年度の民間給与実態統計調査)であることを踏まえると、多い年収とは言えないでしょう。

ですが、ピラティスインストラクターの年収は働き方などによって個人差があり、効率のいい働き方をして、たくさん稼いでる方もいるようです。

ピラティスインストラクターの平均的な給料・年収を働き方別にチェックしよう!

ピラティスインストラクターの平均的な給料・年収を働き方別にチェックしよう!

ピラティスインストラクターの年収は働き方によって差があります。

同じピラティスインストラクターとして働くのなら、できるだけ効率良く稼ぎたいですよね。

働き方別の平均的な給料・年収をチェックしましょう!

ピラティス・ヨガスタジオやスポーツジムの正社員

ピラティス・ヨガスタジオやスポーツジムの正社員は、ピラティスインストラクターの働き方として、もっともメジャーな働き方と言えるでしょう。

ピラティスインストラクターの正社員は、初任給が都内では月17~20万円程度と言われています。

ここから経験や人気により徐々に年収がアップしていくでしょう。

正社員の主な仕事は、ピラティスのクラスの担当以外にも、事務や簡単な清掃なども含まれます。

フリーランス(委託事業)

ピラティスインストラクターのフリーランスとして働く場合は、ピラティス・ヨガスタジオや、スポーツジムと1クラスごとの委託事業を契約することになります。

1クラス(約60分)の単価は3,000円〜5,000円が相場です。

委託事業の仕事内容はクラスの担当のみになり、指導だけに集中できることや、自分で自由にスケジュールを組んで働けることがメリットでしょう。

週何クラス担当するかによって、月収は変わってきます。

アルバイト

アルバイトはピラティス・ヨガスタジオやスポーツジムなどで時給1,000円程度〜になります。

仕事内容はピラティスのクラスの担当や事務や清掃などです。

経験の少ないピラティスインストラクターや、まだピラティス資格のない方が勉強のために働く場所として適しているでしょう。

個人で開業

個人でピラティススタジオを開業するのは、やり方次第で1番稼げる方法と言えます。

ピラティスインストラクターとしての経験はもちろん、スタジオ経営のノウハウや集客なども収入に大きく影響します。

ピラティスインストラクターが給料・年収をアップするには?

ピラティスインストラクターが給料・年収をアップするには?

ピラティスインストラクターとして活躍するのなら、できるだけ稼ぎも多いに越したことはありません。

働き方でも差があるピラティスインストラクターの給料は、工夫次第で給料アップが見込めます。

ピラティスインストラクターが給料・年収をアップするためのポイントをご紹介します。

さらに資格を取得する

ピラティスインストラクターを始めるには、基本である『マットピラティス』の資格があれば十分ですが、給料アップを目指すには、さらに資格を取得することをおすすめします。

ピラティスインストラクターが持っていると役立つ資格は『マシンピラティス』の資格や『ヨガインストラクター』の資格などが主にあげられます。

ピラティスは『マットピラティス』と『マシンピラティス』があり、マットピラティスを取得した方はマシンピラティスも取得できます。

マシンピラティスはまだ普及率が少ないですが、その分扱えるインストラクターもマットピラティスに比べると少ないようです。

両方教えられると、担当クラスの幅が広がるでしょう。

また、マシンピラティスは個人や少人数制が多いので、クラスの単価もマットピラティスより高まる傾向にあります。

>>ピラティスはマットとマシンどっちを選ぶ?目的と効果に沿った選び方

『ヨガインストラクター』資格も、担当クラスの幅を広げるのに役立つ資格です。

ピラティスのみのスタジオはあまりなく、ヨガスタジオでピラティスも教えていたり、ヨガ・ピラティスの両方セットのスタジオの方が多いです。

ですから、ヨガとピラティスの両方を教えられるインストラクターは重宝されるでしょう。

>>【これで完璧】ヨガインストラクターの資格まとめ!種類やオススメ、費用、取得方法までヨガ資格を徹底解説

フリーランスを経て開業

ピラティスインストラクターとして稼ぎたいのなら、最終的には開業を目指すのが1番稼げる方法と言えます。

ただ、経験も浅いうちに開業してもうまくいかないことが多いので、スタジオやジムでピラティスインストラクターとしての経験を積み、のちにフリーランスとして活躍し、顧客を獲得してからスタジオの開業を目指しましょう。

ピラティスインストラクターとして稼ぐには資格を取得しよう

ピラティスインストラクターとして稼ぐには資格を取得しよう

資格はその分野を時間をかけて学んだ、という証拠にもなるものです。

色々な資格を持っていた方が、ピラティスインストラクターとして活躍できそうですね。

ピラティスインストラクターに役立つ資格を取得しましょう!

>>ピラティス認定・資格の種類6つを詳しく解説

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。