ヨガインストラクターはフリーランスでも働ける?どんな活動すればいい?

ヨガインストラクターはフリーランスでも働ける?どんな活動すればいい?

昨今、フリーランスでヨガインストラクターの活動を目指す方が非常に増えています。

ヨガインストラクターがフリーランスとして働くには、どのような方法があるのでしょうか?

今回は、フリーランスとしてヨガインストラクターが活動するためのポイントをご紹介します!

ヨガインストラクターはフリーランスでも働ける?

ヨガインストラクターはフリーランスでも働ける?

ヨガインストラクターはさまざまな働き方が可能な職業なので、もちろんフリーランスでも働けます。

正社員のみならず、ヨガインストラクターは他の仕事をしながら副業として働いている方、アルバイトとして働いている方、独立してフリーランスとして働いている方など多種多様です。

特に自由な働き方が魅力のフリーランスヨガインストラクターを目指す方は少なくありません。

ヨガインストラクターがフリーランスで働くには?

ヨガインストラクターがフリーランスで働くには?

フリーランスとひとことで言っても、フリーランスの働き方も種類が豊富です。

ヨガインストラクターは経験と共に、フリーランスとしての働き方の幅も広がると言えます。

ここからは、ヨガインストラクターがフリーランスとして働く方法をご紹介します。

>>ヨガインストラクターの1日とは?フリーランスの働き方、スケジュールをご紹介

委託事業を行う

フリーランスで働く方法として、1番メジャーなものが委託事業です。

ヨガインストラクターは、ヨガスタジオやフィットネスクラブと委託契約を結び、1クラス3,000円〜5,000円ほどの単価でレッスンを担当します。

ただ、委託事業の場合は経験豊富なヨガインストラクターを求めていることも多く、ヨガ資格を取り立てのヨガインストラクターはなかなか雇ってもらえないといったケースもあります。

出張ヨガインストラクターをする

出張ヨガインストラクターもフリーランスとしての働き方のひとつです。

出張ヨガはスタジオレッスンとは違い、オフィスや老人ホームや公民館などに出向いてレッスンを教えます。

方法としては、出張ヨガインストラクターを派遣する企業に登録したり、口コミで頼まれたりして仕事をします。

単価は、出張する分の費用が乗るため、委託契約の1レッスンよりも多いですが、出張先によって振り幅が大きく異なります。

>>大きな経験となる出張ヨガインストラクターとは?相場、資格、注意点からなり方までご紹介

プライベートレッスンを行う

プライベートレッスンは比較的単価の高いフリーランスヨガインストラクターの働き方です。

プライベートレッスンとはマンツーマンで行うレッスンのことを指し、委託事業のグループレッスンよりも高い単価で行うのが一般的です。

口コミで頼まれたり、紹介されたりすることが多いようです。

個人でヨガ教室を開催する

個人でヨガ教室を開催するのは、1番稼げる可能性の高い働き方と言えます。

ただ、宣伝力や集客力が重要になり、うまく運営できないと赤字になってしまうこともあります。

ヨガを指導する能力以外にも、スタジオ経営の能力も必要になるのです。

ヨガインストラクターがフリーランスとして活躍するためにやるべきことは?

ヨガインストラクターがフリーランスとして活躍するためにやるべきことは?

フリーランスの自由な働き方に憧れる方は少なくありません。

フリーランスとして働きながら、安定して稼げるようになるにはどうすればいいのでしょうか?

フリーのヨガインストラクターが活躍するためのポイントをご紹介します。

プラスアルファの取得の取得

ヨガインストラクターの基本の資格はRYT200ですが、プラスアルファの資格を取得することは、フリーランスとして働く上で有利になるでしょう。

RYT500はもちろん、マタニティヨガやシニアヨガ、アロマ検定などの資格を学び、教えられるものを増やすと仕事の幅も広がります。

>>YMCメディカルトレーナーズスクールで取得できるヨガ資格はこちら!

SNSの活用

InstagramやFacebookなどのSNSを活用することもオススメです。

フリーランスとして働く上で、宣伝力や集客力は重要なポイントです。

SNSは比較的簡単に宣伝として使えるツール。

自分の活動やクラスをSNSにアップして、たくさんの人の目にとまるように努力しましょう。

ヨガ知識の向上

ヨガインストラクターとしての向上心もフリーランスとして活躍する上で大切なポイントです。

生徒さんから見ても、向上心があり、常に探求しているヨガインストラクターのクラスはいつも新鮮で楽しいもの。

マンネリするクラスは生徒さんも離れて行ってしまいます。

先輩ヨガインストラクターのレッスンを受けたり、自分が詳しくないヨガのワークショップを受けてみたりなど、向上心を忘れないようにしましょう。

正社員として経験を積むのも有り

初めからフリーランスのヨガインストラクターを目指しても、なかなか就職先が見つからなかったり、うまく集客ができなかったり、壁にぶつかることもあります。

そんな場合は、一度ヨガスタジオやフィットネスクラブに正社員として就職し、経験を積むのもひとつの方法です。

正社員として働くと、ヨガの指導法だけではなく、スタジオの運営や集客法など、さまざまな知識が得られます。

数年間、正社員として働き経験と知識を得てからフリーランスに転身するのも有りと言えるでしょう。

>>ヨガインストラクターの求人の探し方!ヨガインストラクター求人に募集するまでに読もう

フリーランスのヨガインストラクターを目指そう!

フリーランスのヨガインストラクターを目指そう!

自由な働き方が魅力のフリーランス。

フリーで活躍するには経験や知識、向上心も重要なポイントです。

バリバリ活躍できるフリーランスのヨガインストラクターを目指しましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。