ヨガインストラクターの業務委託とは?業務委託がおすすめな人、探し方を徹底解説

ヨガインストラクターの業務委託とは?業務委託がおすすめな人、探し方を徹底解説

ヨガインストラクターには色々な働き方があり、業務委託はその中のひとつです。

業務委託のシステムや正社員との違いなど、具体的に分からない方も多いと思います。

今回は、ヨガインストラクターの業務委託について詳しくご紹介します!

ヨガインストラクターの業務委託とは?

ヨガインストラクターの業務委託とは?

ヨガインストラクターの働き方には色々方法がありますが、その中でも代表的な働き方として、ヨガスタジオやスポーツジムの「正社員」になる働き方と「業務委託」があります。

業務委託とは、ひと言で言うとフリーランスです。

ヨガスタジオやジムに所属せず、ヨガインストラクターのフリーランス(個人事業主)としてスタジオやスクールと契約を結び、働く形態です。

>>ヨガインストラクターはフリーランスでも働ける?どんな活動すればいい?

ヨガインストラクターの業務委託と正社員の違いは?

ヨガインストラクターの業務委託と正社員の違いは?

ヨガインストラクターとしての代表的な働き方である、正社員と業務委託。

同じヨガインストラクターでも正社員と業務委託とでは、業務内容や給料、採用率にも違いがあります。

ふたつの働き方の具体的な違いについてご紹介します。

働き方や業務内容

ヨガインストラクターの正社員の場合は、一ヶ所のヨガスタジオやスポーツジムに所属し、毎日所属スタジオで業務を行います。

業務内容はヨガのレッスンの指導を始め、事務や清掃なども加わってきます。

業務委託の場合は、仕事内容は主にヨガクラスの担当のみ。

働く時間や日数も、業務委託者のヨガスタジオと相談して自由に決められます。

業務委託では、レッスンの内容を自分で好きに決められることも多いですが、正社員はレッスン内容もスタジオによっては決められています。

採用率

採用率は正社員の方が高いです。

正社員の場合は、ヨガインストラクターとして未経験でも採用したり、採用されてからスタジオで研修を積み、資格の取得を目指すこともあります。

ですが、委託業務ではヨガインストラクターとして経験が少ない場合や、未経験での採用は難しいケースが多いです。

また資格を保有していない場合も、採用は厳しくなります。

ヨガインストラクターの委託業務では、応募の際の条件に「ヨガ指導歴◯年以上」や「RYT200保有者優遇」と書いてある場合も少なくありません。

正社員と違って研修などもなく、すぐにレッスンを任せられる人材が業務委託には適任であり、経験が豊富で資格を所有するヨガインストラクターが求められるのです。

給料

給料に関しても、ふたつの働き方には違いがあります。

簡潔にまとめると、業務委託はレッスンを指導するごとに給与が発生する歩合方式であり、正社員は月々決められた額が支払われる固定給となります。

東京都における、ヨガインストラクターの業務委託での相場は1レッスンあたり3,000~5,000円程度、正社員は年収250〜400万程度が相場になります。

正社員の場合は給料の他に、福利厚生や社会保険なども受けられます。

>>ヨガインストラクターの給料はいくら?給料をアップする方法は?

ヨガインストラクターの業務委託はどんな人におすすめ?

ヨガインストラクターの業務委託はどんな人におすすめ?

自由度が高い分、経験値が求められる業務委託。

ヨガインストラクターの業務委託には、どんな人が向いているのでしょうか?

業務委託がおすすめな3つのタイプをご紹介します。

独立を目指すヨガインストラクター

ヨガスタジオやスポーツジムである程度経験を積み、将来的に独立を目指すヨガインストラクターが、そのためのステップとしてフリーで働ける委託業務をするのはおすすめです。

突然、開業して独立をするのは、集客や初期費用などの面でもリスクを伴います。

フリーランスで働きながら同時進行でヨガ教室を開いたりしつつ、徐々に独立を目指す方がリスクが少ないでしょう。

経験豊富なヨガインストラクター

業務委託では、レッスンをすぐに担当できる経験豊富なヨガインストラクターが求められます。

ヨガスタジオやスポーツジムで数年間にわたり指導経験のあるヨガインストラクターは、業務委託者が契約を結びたい人材です。

逆に未経験や経験が浅いヨガインストラクターには、正社員からスタートするのがおすすめです。

>>ヨガインストラクターは未経験でもなれる?未経験でヨガインストラクター求人に応募するときの注意点

副業としてヨガインストラクターをしたい方

業務委託の1番のメリットは、自由な働き方ができるということ。

正社員だと毎日決められた時間働き、自由な時間は少ないもの。

他の仕事もしつつ、レッスンの時間や回数を自分で決められる業務委託は副業ヨガインストラクターを目指す方にもおすすめです。

>>副業ヨガインストラクターの基本と働き方を解説!副業で始めるときの注意点とは?

ヨガインストラクターの業務委託はどうやって探す?

ヨガインストラクターの業務委託はどうやって探す?

ヨガインストラクターの業務委託は、ネットで検索すると求人広告が見つけられます。

フィットネスやヨガに特化した求人サイトで探すといいでしょう。

流れとしては、ネットから求人募集に応募→面接→オーディション→採用となります。

>>ヨガインストラクターの求人の探し方!ヨガインストラクター求人に募集するまでに読もう

>>ヨガインストラクターオーディションで気をつけるべきことは?履歴書は関係ある?

ヨガインストラクターの業務委託は自由な働き方が魅力!

ヨガインストラクターの業務委託は自由な働き方が魅力!

業務委託の魅力は自由な働き方です。

資格の保有者や、ある程度経験を積んだヨガインストラクターが求められることが多い業務委託。

フリーのヨガインストラクターを目指すなら、まずは資格を取得して経験を積みましょう!

>>【これで完璧】ヨガインストラクターの資格まとめ!種類やオススメ、費用、取得方法までヨガ資格を徹底解説

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。