ヨガインストラクターの仕事とは?働き方や収入、副業など仕事内容まとめ

ヨガインストラクターの仕事とは?働き方や収入、副業など仕事内容まとめ

昨今、「Sports(運動)」「Wellness(健康)」や「Healthy Life(健康的な生活)」への意識が高まりつつあります。

数年前から日本でも注目を集めるようになったヨガ人口も1,000万を超えると言われており、多くの方の生活に寄り添う存在になってきています。

その流れからヨガを教える「インストラクターになりたい」と希望する方も増えてきているのですが、いざ仕事にするとなると疑問や心配事が次々と浮かんでくるでしょう。

そこで今回は、現役のヨガインストラクターであり、ライターとしても活動している筆者がインストラクターになるか迷っている方から寄せられる質問にお答えしていきたいと思います。

ヨガインストラクターになるには?

ヨガインストラクターになるには?

まずは、ヨガインストラクターになるために必要な資格について。

現在、ヨガを教えるために絶対に取っておかなくてはならない資格というものはありませんが、専門知識や技術を正しく伝えるための学びは必須です。

最近では資格の種類もいろいろとあります。

>>主要なヨガ資格を難易度別に総まとめ【知っておきたい資格のみ厳選】

なかでもヨガインストラクターになるなら全米アライアンス200時間(RYT)の資格を取る人が多いです。

>>RYT200とは?取得費用や難易度、事前に準備しておくべきことを解説

>>YMCがRYT200をオンラインで取得できるコースを開始!安心、充実な内容をご紹介!

実際にヨガインストラクターとして働き始めた方の多くは学びを怠りません。

それは、自身の知識や経験を増やして、生徒さんにより良いクラスを提供するためでもあります。

ヨガの教えを伝えるクラスや心身の深いリラックスを目的としたクラス、産前産後ヨガのクラス、スポーツ医科学に特化したクラス、体幹を鍛えたり筋膜リリースをおこなったりするクラス。

自分が興味のある分野は何なのか、どのような目的・悩みを持った方にレッスンを行いたいのか、そこを明確にしてから学びを深めると身になりやすいでしょう。

情報は常にアップデートされていくので、「一つのヨガインストラクターの資格を取ったからそこで終わり」なのではなく、学び続ける姿勢を持つ方が多いです。

>>【ヨガ好き必見】ヨガインストラクターになるには?資格、給料、求人の探し方やオーディション対策など徹底解説

ヨガインストラクターの働き方は?

ヨガインストラクターの働き方は?

では、実際にインストラクターとしての仕事を始めるとき、どのような“働き方”をするのか選択する必要がありますよね。

実際に、正社員や契約社員、アルバイト、フリーランスとヨガインストラクターの働き方もさまざまです。

正社員・契約社員の場合

正社員や契約社員のヨガインストラクターとして働く場合は、固定給を得られることや集客をしなくてはいけないという心配が少ないことがメリットとして挙げられます。

教育や福利厚生もしっかりとしているため、安心して働くことができますよね。

ですが、一日のレッスン回数が多かったり、レッスン以外の業務があったり、他のスタジオでのレッスンが禁止だったりといろいろな制約もあるので、あらかじめ下調べをしておくと良いでしょう。

フリーランスの場合

フリーランスとは特定の組織に所属せずに働く形態です。

フリーランスのヨガインストラクターは複数のスタジオでレッスンを持っている方が多く、活動の幅を広げるのは自分次第といったところでしょう。

しかし、ヨガインストラクターになったばかりの頃はなかなかレッスンを持たせてもらえるスタジオが見つからなかったり、オーディションで不採用になってしまったりと仕事として成立させるまでがとにかく大変。

いざレッスンを持たせてもらえても、集客ができずに収入が不安定になることもあります。

>>ヨガインストラクターはフリーランスでも働ける?どんな活動すればいい?

アルバイトの場合

最後はヨガインストラクターのアルバイトをする場合。

アルバイトとして働く場合は、決まった時間内でのレッスンのだけでなく接客、フロント業務、掃除などをこなすことがあるでしょう。

ですので、ヨガインストラクターとして自分がどう生きていきたいのか、現実的な部分もしっかりと踏まえて働き方を決めていきたいところです。

>>ヨガインストラクターの求人の探し方!ヨガインストラクター求人に募集するまでに読もう

ヨガインストラクターの収入は?

ヨガインストラクターの収入は?

さあ、ここが一番気になるところかもしれません。ヨガインストラクターの収入についてです。

あくまでも目安ですが、正社員のヨガインストラクターで月収20万円前後というのが一般的でしょう。

賞与があったり、勤続年数や役職によって昇給を望めるので安定感がありますよね。

アルバイトは時給となるので、1,000~1,300円×勤務時間=日給といったイメージ。

フリーランスのヨガインストラクターは1時間のレッスンフィーが2,000~4,000円ほどのケースが多いようです。

レッスンの参加者の数によってフィーが変わるケースも珍しくないので、働き始める前に確認しておきましょう。

そして、交通費が出る・出ないもフリーランスのヨガインストラクターにとっては収入を左右する大きな問題です。

交通費に1,000円支払い、レッスンフィーが2,000円では実質1,000円の収入となってしまうので、支給の有無は聞き漏らしがないように。

会社やスタジオ、地域によっても給与・フィーは変わってくるので参考程度にとどめておいてくださいね。

>>ヨガインストラクターの給料はいくら?給料をアップする方法は?

>>ヨガインストラクターとしての年収を上げるにはどうしたら良い?年収アップの4つの方法

ヨガインストラクターとしての副業はどう?

ヨガインストラクターとしての副業はどう?

ヨガインストラクターで生きていくのは簡単なことではなさそうだという方は、「副業としてはどうなの?」と考えるでしょう。

実際のところ、アルバイトやフリーランスのヨガインストラクターは他に仕事を持っている方が多いです。

会社の就業規則にもよりますが、週5日間会社勤めをし、土日や夜にレッスンを持っているという話もよく耳にします。

>>副業ヨガインストラクターの基本と働き方を解説!副業で始めるときの注意点とは?

ここで重要になってくるのが、体調管理

複数の仕事をこなすには、精神力・体力ともにタフである必要があります。

ましてやヨガインストラクターは健康的なイメージを持たれているので、良い状態でレッスンを行えるように調整しなくてはなりません。

>>ヨガインストラクターの健康管理法を徹底解説!普段のケアは何してる?

結論:それでもヨガインストラクターは最高

結論:それでもヨガインストラクターは最高

ちょっと厳しいことも言いましたが、生徒さんの喜ぶ顔が見られるヨガインストラクターの仕事は素晴らしいもの。

これからインストラクターを目指そうと思っている方の働き方の参考になれば幸いです。

ヨガインストラクターの具体的ななり方は、下記の記事で紹介しているのでご参考ください。

>>ヨガインストラクターになるにはどうすればいい?ヨガインストラクターになるまでの手順を簡単に説明

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。